染色浮線画 絵画展

幸運を招く 不思議な世界 染色浮線画
  染織図案作家 岡部・紫龍 絵画展
日 時:2016.8.24(水)~8.31(水) 終了いたしました。
   10:00~18:00 (期間中無休)最終日の8月31日は16:00までです。
作品数:35点 他小物多数
場 所:街角ギャリ―MIMOZA
    久留米市本町18-28
連 絡:090-1346-4492 鹿児島隆

作家プロフィール(転載)
 1940年長崎で生まれた岡部紫龍氏は、手描き・染色・図案の修業を重ね、手描き技法による染色画を完成。染道三扇流の筆頭教授となり、独自の「染色浮線画」の世界を確立された。その染色技術は、古典の友禅染を一段と難しくしたような、直線手描き法によるものである。
 精密な連続模様をすべて手描きで仕上げるため、花・鳥・葉などどれをとっても同じ色彩ではなく、観るものを飽きさせない。花が咲き乱れ、鳥たちが楽しそうに羽ばたいている。図案も斬新でユニークでありながら、古典的な気品を融合した究極の芸術作品である。
 それらの作品は国内はもとより、北京・NY・香港・パリ・シンガポールなど世界中で高い評価を得ており、数多くの権威ある賞を獲得している。

コメントは受け付けていません。

top